制作

インスタ漫画の描き方【投稿サイズ編】

最初に

フリーダムに手書きのインスタ漫画を描いていたことはあったのですが、
この度、きちんとインスタ漫画を始めよう!と思い立ったので、
改めてインスタ漫画をどう運用していくかについて考えていきたいと思います。

Instagramの推奨画像サイズは正方形じゃない!?

今まで、Instagramといえば「正方形」と思い込んできたのですが、
改めて調べると、公式が出している、今の推奨サイズは4:5の縦長画像とのこと。

Instagramの画像投稿は4:5(縦長)が推奨です。 画面占有率が高いほど、アテンションをとる可能性が高まります。 画像サイズを意識して投稿すると目に止まる回数が増え、認知度向上にもつながるかもしれません。

https://twitter.com/FBBusinessJP/status/1277058606462939136

作成例

▼正方形で作成するインスタ漫画の作成例

有名な漫画家さんのインスタ漫画などを参考にして、正方形のフォーマットを作成しました。

①まずはタイトルとキャッチ画像でカバー画像を並べる。
②2枚目以降で1ページまるまる使った漫画を続けていく。

これでもじゅうぶん読みやすいのです。そして、「文字を大きく、絵も大きく書きたい!」という場合は、この形でも読みやすいため問題ないかと考えます。

ただ、無名な作家にとっては、たくさんの人の目にとまることが大切。そして、AIによって投稿のおすすめが選別されてしまう現状のInstagramの状況では、おすすめされる方法を取り入れたほうがおすすめされる確率が高くなると考えます。では、4:5で作成する場合の最適解を探していきましょう。

▼4:5の縦長で作成するインスタ漫画の作成例①

・・・・・?あれ?
キャッチの画像には違和感がないんですけど、2ページ以降の漫画は間延びしている気がします。

▼4:5の縦長で作成するインスタ漫画の作成例②

2枚目は画像いっぱいのびのび使って、2コマ入れてしまったほうが読みやすい!

▼4:5の縦長で作成するインスタ漫画の作成例③

場面によっては3枚にするのもよさそうです。

▼4:5の縦長で作成するインスタ漫画カバー画像の注意点

以下の、「開くまでは見えないゾーン」には大事な情報を入れないこと。
また、ここで見切れてしまう文字や画像をいれないこと。一覧表示される位置では正方形で表示されるので、このゾーンは、「見切れてもよい情報やデザイン」だけを入れる、もしくはノータッチにしておくのが良いはずです。

推奨画像サイズ

最大1,080 x 1,350 pxです。
参考:Adobe Express

まとめ

・Instagramの推奨画像サイズは正方形ではなく4:5(縦長)
・正方形を引き延ばしただけではきれいに見えない。
・4:5にすると、画面が広く使えるので2~3コマ入れてもバランスが良い。
・カバー画像は正方形なので、上下の位置には重要な情報を入れない。

正解はありませんので、どんどん最適解を探っていきたいと思います!